ファイル名を読み込む
                                                         玄関へお回り下さい。
フォルダ内のファイル名を読み込む(Dir 関数の使用例)         (097)
        Dir 関数を使ってWindows ディレクトリーのビットマップファイルを取得し、配列に読込その後配列の内容をテキストボックスに表示します。
対象をディレクトリーにすることでディレクトリー名の読込ができます。これを改造すればファイル名の検索等もできます。


フォームにコマンドボタンとテキストボックスを貼付けMultiLineプロパティをTrueにし、ScrollBars=2に設定して下さい。

Option Explicit   'SampleNo=097 WindowsXP VB6.0(SP5) 2002.05.18

Private Sub
Command1_Click()
  Dim strMyFile() As String
  Dim strBMPFile As String
  Dim intKen   As Integer
  Dim i      As Integer
  Dim kakutyosi  As String

  kakutyosi = "BmP" '大文字・小文字を混在でも
  'ディレクトリー内の全ファイル・フォルダを読み込む
  strBMPFile = Dir$("c:\windows\", vbDirectory Or vbHidden Or vbSystem)
  'strBMPFile = Dir$("c:\windows\*.*") 'ファイルだけならこちらでも

  'strBMPFile が空になるまで繰り返し
  Do While strBMPFile <> ""
    '大文字・小文字を区別せずに比較し拡張子が合えば
    If StrComp(Right$(strBMPFile, 3), kakutyosi, 1) = 0 Then
      intKen = intKen + 1
      ReDim Preserve strMyFile(intKen)
      'ファイル名を配列に格納
      strMyFile(intKen) = strBMPFile
    End If
    strBMPFile = Dir$    '次のファイル名を読込
  Loop
  For i = 1 To intKen
    Text1.Text = Text1.Text & strMyFile(i) & vbCrLf
  Next i
  Text1.Text = Text1.Text & vbCrLf & _
          " === 全部で " & intKen & " ファイルありました。==="
End Sub


              結  果
       


単純検索の場合


パスとファイル名がわかっている場合は単にファイル名を指定する事でそのファイルがあれば、そのファイル名が返ってきます。

  strMyFile = Dir("C:\WINDOWS\WIN.INI")

   フォルダだけの場合          (121)
Option Explicit  
'SampleNo=121 WindowsXP VB6.0(SP5) 2002.05.22

Private Sub Command1_Click()
  List1.Clear
  Dim strDirFile As String
  StartTime = timeGetTime
  strDirFile = Dir$("c:\windows\", _
            vbDirectory Or vbHidden Or vbSystem)
  'strBMPFile が空になるまで繰り返し
  Do While strDirFile <> ""
    If (GetAttr("c:\windows\" & strDirFile) And vbDirectory) _
          And (strDirFile <> "." And strDirFile <> "..") Then

      List1.AddItem strDirFile
    End If
    strDirFile = Dir$    '次のファイル名を読込
  Loop
End Sub





2002/05/19